【おたふく風邪.com】〜手足口病〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ota29kaze★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは子供に多い病気の一つとして、手足口病について詳しく説明しています。

手足口病とは、主に子供を中心に夏の時期に流行するウイルス性の感染症です。手のひらや足の裏、肘や膝やお尻、口の中にまで水疱性の発疹が広がることが特徴的で、痒みや痛みは通常少ないですが水疱がつぶれると痛みを伴うこともあります。

手足口病は風邪やインフルエンザと同じく空気感染します。咳やくしゃみなどの飛沫感染が最も多い感染源で、手や足に出来た発疹から接触感染もします。感染してから発病までの潜伏期間は3〜5日間ほどありますが、発病せずに済むこともあります。感染すると便にウイルスが排出され、症状が治まった後でも1か月近くは排便にウイルスが混入しているので、感染が広がる原因となります。

成人でも罹りますが、特に1〜5歳の幼児に罹りやすく、その時期に通っている保育園や幼稚園などでは集団感染する恐れがあり注意が必要です。年齢が低いほど症状が重く現れる傾向にあります。また多くの場合は自然に治癒していくので、そこまで心配する必要はありませんが稀に合併症を引き起こし死に至ったケースも報告されていますので、症状が長引いたり重い場合は注意が必要となります。


⇒ 風疹

⇒ 麻疹

⇒ 水疱瘡

⇒ ヘルパンギーナ

⇒ とびひ

⇒ プール熱

⇒ 猩紅熱

sponsored link



【おたふく風邪.com】TOP

copyright©2014  【おたふく風邪.com】〜耳下腺炎の原因・症状・治療〜  All Rights Reserved