【おたふく風邪.com】〜猩紅熱〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ota29kaze★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは子供に多い病気の一つとして、猩紅熱(しょうこうねつ)について詳しく説明しています。

猩紅熱とはA群β溶血性連鎖球菌、略して溶連菌という細菌の感染によって発症する急性感染症のひとつです。2〜4日の潜伏期を経て発熱、咽頭痛、悪寒、悪心や嘔吐、時に強い腹痛が発生します。舌は舌乳頭、茸状乳頭が赤く腫れて「いちご状」となるので、苺舌や苺状舌と言います。
溶連菌に感染した場合には溶連菌感染症と呼ばれますが、発熱などの急性症状のあとに、全身に粟粒状の発疹や苺状舌が見られるものを猩紅熱と呼ぶのが一般的で、溶連菌感染を起こして猩紅熱に発展するケースはあまり多くはありません。

猩紅熱の感染経路は、主に罹患者の咳やくしゃみなどによって飛沫した菌からの飛沫感染です。症状は39℃以上の急な発熱で始まり、喉が痛みを伴って真っ赤に腫れます。炎症が強いと、舌全体が腫れて痛みも強くなり飲み込むことも出来なくなり、ひどい場合は呼吸困難も起こす危険もあります。

猩紅熱の治療は基本的に入院が必要となります。ペニシリンやエリスロマイシンなどの抗生物質の投与が行われ、ほとんどの場合すぐに回復します。発熱などの全身症状が回復すれば、内服を続けながら通園通学することは可能です。
ただし急性糸球体腎炎、リウマチ熱などの合併症を予防する為にも、10日程度は確実に薬を継続することが必須となります。


⇒ 風疹

⇒ 麻疹

⇒ 水疱瘡

⇒ 手足口病

⇒ ヘルパンギーナ

⇒ とびひ

⇒ プール熱

sponsored link



【おたふく風邪.com】TOP

copyright©2014  【おたふく風邪.com】〜耳下腺炎の原因・症状・治療〜  All Rights Reserved